脂肪吸引で評判の東京にあるクリニックを施術費用や口コミを基にランキングでご紹介

脂肪吸引翌日の過ごし方とは?

    

脂肪吸引の手術を受けた翌日は、シャワーなどは通常通りに浴びて構いません。

当日でもシャワーを浴びる事は可能です。

それと、適度に体を動かす方が良いでしょう。

安静にしてしまうと、かえって血管が詰まってしまう可能性もあります。

 

水に濡らさないようシャワーを浴びるのは問題ない

ケガなどで手術を受けた後は、病院から「過ごし方」について言われる事が多々あります。

縫合手術を受けた場合は、傷の状態が安定してくるまでは、シャワーや入浴などは禁止される事も多いです。

傷口から水が入り込んでしまうと困るからです。

その他にも、運動に関する制約もあります。

体を動かしてしまうと、傷口が開いてしまう可能性もあるからです。

手術の状況によっては、その他にも色々な制限があります。

では脂肪吸引はどうなるかと言うと、まずシャワーは問題ありません。

大ケガをした時の手術と違って、シャワー程度なら問題ない事が多いです。

しかも当日からシャワーを浴びる事はできます。

例えば6月20日に手術を受けた場合、もう20日からシャワーを浴びられる訳です。

20日に浴びられる以上は、21日に浴びても問題はありません。

ただ注意点もあって、傷口に水が触れてしまうのは禁物です。

水が入り込んでしまうのは、様々な悪影響が想定されるからです。

傷が安定するまでは水に濡らすべきではありませんから、シャワーを浴びたいなら、防水シールなどを貼り付けておく方が良いでしょう。

シールを貼っておけば、傷口に水が触れづらくなるからです。

傷口に水が触れるのが禁物である以上、入浴も控える必要があります。

入浴できるようになるまでは、たいてい1週間ほどかかります。

 

安静にせずに体は適切に動かすべき

それと運動ですが、実は脂肪を吸引する手術の場合は体は適切に動かすべきです。

安静にすべきではありません。

ケガをした時の手術とは異なりますから注意が必要です。

ケガをした時に体を安静にする理由は、傷口が開いてしまう可能性です。

糸で縫った状態になっていますから、ちょっとした刺激でも傷口が開く可能性はあります。

それを防ぐ為にも、しばらく安静にするよう言われる事が多いです。

ところが脂肪を吸引する手術の場合は、その限りではありません。

安静にするというより、むしろ適切に運動する方が良いでしょう。

その理由は血栓です。

もちろん血管の中には血液が流れていますが、たまに詰まってしまう事があります。

血液の塊のようなものが詰まってしまい、体調不良になってしまうケースがたまにあります。

テレビ番組などを見ていますと、血液がドロドロになるのは良くないと強調されている事があります。

ドロドロの状態ですと、血管の一部が詰まってしまい、体調も悪くなってしまうからです。

ドロドロではなく、サラサラの血液が望ましいと強調される事も多いです。

実際それはその通りで、血液の流れがあまり良くないと、体調も著しく悪くなってしまう事はあります。

特に要注意なのは、体をあまり動かしていない状態です。

手術の後に体を安静にしてしまうと、血栓ができやすくなってしまいます。

どうすれば血栓を防げるかと言うと、体を適度に動かす事です。

適切に体を動かしている方が、血液の中の塊もできづらくなります。

ですから手術を受けた翌日に、仕事に復帰するのは問題ありません。

普段からデスクワークなどで働いているなら、たとえ仕事に復帰したとしても、傷口が開いてしまう状況は考えづらいからです。

ただし体を動かすと言っても、激しい運動などは禁物です。

むやみに体を激しく動かしてしまえば、傷口にも大きな負担が加わってしまい、トラブルが発生してしまう可能性があります。

あくまでも「適度」に体を動かす方が良いでしょう。

 

包帯を外してストッキングなどを着用する

ところでクリニックによっては、施術直後に包帯が取り付けられる事があります。

というのも脂肪を吸引した後は、様々なトラブルが生じる可能性があります。

稀に皮下出血してしまう事もあります。

一旦出血すると大変なので、予防の意味で包帯が取り付けられる訳です。

手術を受けた当日中は、その包帯を取り付けたままの状態にしておきます。

そして施術を受けた次の日には、その包帯を自分で取り外して構いません。

クリニックに行って、外してもらう事も可能です。

ただし外した後には、手術を受けた箇所を圧迫する必要はあります。

例えばウエストニッパーやストッキングなどを着用して、圧迫は続ける事になります。

それを着用しないと、出血によって患部が腫れてしまう可能性もあるからです。

傷口が落ち着いてくるまでは、しばらくは圧迫を続ける必要があります。

ただし、その圧迫の必要性はクリニック次第です。

翌日には圧迫不要になるクリニックもあれば、数日程度は圧迫が必要なクリニックもあるからです。

 

ですから手術を受けた翌日は、シャワーは問題ありませんが、入浴は控える必要はあります。

体も適度に動かすべきであり、安静にすべきではありません。

ちなみに過ごし方については、たいてい当日にクリニックから伝えられます。

何か不安な点があるなら、その時に質問する事も可能です。