脂肪吸引で評判の東京にあるクリニックを施術費用や口コミを基にランキングでご紹介

脂肪吸引後の拘縮の対策をしよう!

    

痩せたいと考えた時に手っ取り早い方法として近年人気を高めているのが脂肪吸引です。一昔前とは異なり、美容整形が身近な存在になりつつある今の時代では、比較的リスクの低い脂肪吸引は、多くの人が興味を持つ痩せる方法になりました。脂肪吸引ならば個人のダイエットでは難しいとされている部分痩せも可能です。

しかし、いざ脂肪吸引をするとなれば痛みや施術後のダウンタイムなど、リスクで不安に感じるのは当然のことと言えます。その中でも拘縮が心配という人が多いです。脂肪吸引の手術では表から見える傷は極めて小さいものとなっていますが、皮下では傷が形成されていることになります。

これは術後約一ヶ月で一度硬くなる性質を持っており、その頃に皮膚を触ると硬く感じたり凹凸感を感じたりすることもあります。これを瘢痕拘縮と呼んでおり、瘢痕は術後三ヶ月から半年ほどで徐々に柔らかくなっていき、触った感じも滑らかになっていくので心配はありません。しかしケアをしっかりするかどうかで、回復のスピーディーさには違いが生まれるので、しっかりとケアをすることが大切です。

マッサージやストレッチをきちんと行う

拘縮は放っておいても自然に治るものであり、心配する必要はありませんが、マッサージやストレッチを取り入れるとより早く回復することができます。触ってみて硬く感じる部分があれば、痛気持ちいい程度に指圧するようにしましょう。皮膚のひきつれを感じた場合には、患部をゆっくりと伸ばすようにストレッチして伸びたところで数秒ほど静止すると言った方法が効果的です。

こういったストレッチやマッサージ方法を取り入れることにより、血行を改善させることが出来、より早い段階で皮膚の弾力を回復させることが可能になります。マッサージやストレッチを行う場合と、何もしない場合を比較すると回復状態にはかなり大きな差が生まれることは間違いないので、早く回復させるためにもこまめにマッサージやストレッチを行うようにしておきましょう。

血行促進のためにも、マッサージを行う際には心臓に向かって優しくさすることがポイントです。らせん状にくるくると弧を描きながら、心臓に向かって優しくさすっていくだけでも、かなり効果を実感することができるのではないでしょうか。

お風呂に浸かるなど血流改善を心がける

内出血状態の解消には、まずたくさんの酸素を体の隅々まで運ぶことが大切であり、手術後一週間ほど経過したら、血流改善の為にケアをしていくことが重要になってきます。自分でできるケアの中でも手軽で簡単で、手間に感じることもないのが湯船に長く浸かるということです。

軽い運動をすることも効果的です。脂肪吸引をした後にはダウンタイムに痛みがあるという人もいますが、痛みがあるからといって全く運動をしないというのは回復を早めることにはつながりません。少しでも動いたりストレッチやマッサージをすることで、拘縮も早く治すことができます。

食事療法なども取り入れていくと拘縮の対策にもつながるので、様々な方法を試してみるべきでしょう。脂肪吸引の施術を受ける際に考えておかなくてはならないことになります。人それぞれ適した対策や改善方法には違いがあるので、自分にぴったりの方法を取り入れておくようにしましょう。

クリニックでケアをしてもらうことも大切

拘縮は誰にでも起きることとは言っても、どの程度の拘縮かは個人差がかなりあり、吸引した脂肪の量や部位による違いもあります。セルフケアでマッサージをしたりストレッチなどで改善させるなど対策することも大切ですが、クリニックに行きケアしてもらうことも考えておくべきです。

脂肪吸引をした後に、高周波温熱トリートメントを行うなどクリニックによってどのようなケアをしてもらえるのかには違いがあるので、施術を受けるクリニックを決める前にはアフターケアのこともしっかりと視野に入れて決めるようにするべきです。施術をしたらそれで終わりというわけではなく、最後までしっかりとケアやサポートをしてくれる医師のいるクリニックを選んでおくことで、満足できる結果につなげることができます。

 

脂肪吸引は身近な存在であり、リスクが低い方法ということは確かですが、全くリスクがないというわけではありません。クリニックをどこにするのかということが、仕上がりの良し悪しには大きな差を生むことになります。それだけではなく、対策やアフターケアをしっかり行うということがポイントになってきます。どんなに腕が良い医師のいるクリニックでも、その後のケアを自分自身がしっかりと行なっていなければ拘縮で長期間悩むことにもなりかねません。

マッサージやストレッチをきちんと行い、揉みほぐしたり血流を良くするようにしていくことが大切になってくるのではないでしょうか。人それぞれ拘縮の具合には違いがありますが、脂肪吸引をすれば大なり小なり拘縮は起こることなので、心配する必要はありません。あまりにひどいと感じた場合には、クリニックに行き即座に相談しておくようにしましょう。