脂肪吸引で評判の東京にあるクリニックを施術費用や口コミを基にランキングでご紹介

脂肪吸引後は何日後に日常生活に復帰可能?

    

体型に関して悩みを持っている人の中には、痩せたいと強く感じている人もいるのではないでしょうか。その際に役立つのが、クリニックで行う脂肪吸引です。ダイエットをしたり痩身エステに行くという方法もありますが、脂肪吸引が手っ取り早い方法であり脂肪細胞自体を取り除くことができます。またリバウンドの可能性も軽減させることができるというメリットがあります。

脂肪吸引となれば、通常は難しいとされている部分痩せをすることもできます。脂肪吸引は美容整形の中では簡単でリスクも低いとされていますが、いざ施術を行うとなればメリットだけではなくリスクもしっかりと頭に置いておかなくてはなりません。

脂肪吸引をした後はどの程度の期間があれば日常生活に復帰することが可能なのか気になるという方も多いのではないでしょうか。人それぞれ個人差もあり、脂肪吸引の方法や量、部位による違いもあるので一概に何日後と言い切ることはできませんが、おおよその目安を知っておくことで脂肪吸引の施術を受ける日程を決めやすくなります。

脂肪吸引の部位による違いについて

ふくらはぎや太ももといった下半身の脂肪を吸引した場合には、日常生活に復帰できるのは少し時間がかかります。脂肪吸引を行うとその後筋肉痛のような痛みがあります。どの程度の痛みがあるのかは、人それぞれ違いもあります。

お腹や腰の脂肪吸引となれば、日常生活に支障を感じることはほとんどないので、すぐに日常生活に戻ることができます。脂肪吸引と一口に言っても施術方法による違いもありますが、どこの部位の脂肪吸引でも基本的には施術は日帰りで受けることができるようになっており、施術後には帰宅することが可能です。

このことからも、リスクが低くダウンタイムもあまりない施術方法ということがわかるのではないでしょうか。施術方法によっては、翌日からでも日常生活に復帰することができるものもあり、手っ取り早くなおかつ生活に支障を出さずに痩せたいと考えている人にとってもぴったりと言えます。もちろん個人差があることも理解しておき、念のため二、三日はゆっくりとできるタイミングを選んで施術を受けるというのも大切です。

ダウンタイムを短くする方法について

脂肪吸引後にはむくみや痛み、内出血などの症状がありますが、それらを抑えてダウンタイムを短くすることで、より早い段階で日常生活に復帰することができるようになります。ダウンタイムを少しでも短くするためには、脂肪吸引をした術後に安静にすることと、圧迫やマッサージをすることが重要になります。

クリニックにより方針の違いもありますが、基本的にはまずは、身体に空いたスペースをうめるための圧迫固定が必要になります。施術直後の急性期にはできるだけきつく施術部位を圧迫しましょう。そして後はできる限り安静にしておくことが大切です。すぐに自宅に帰れるケースが大半ですが、全身麻酔を行った場合など中には当日は入院するケースもあるので、事前に医師にしっかり確認しておくようにしましょう。

安静にしておくことが大切とはいっても、全く何もしないのではなく軽く動くことで血流を良くすることができるため、血栓の予防を行う必要もあります。もちろん体に刺激を与えるような激しい運動は絶対に避け、痛みを抑えるために安静にして刺激を与えない様に気を配りながら、痛み止めの薬を服用するという方法が一般的になります。

施術方法によっては、ダウンタイムが長いこともあるのでカウンセリングを受ける際には医師にどの程度かという目安をしっかりと確認しておきましょう。日常生活において、自分自身で気をつけたりケアする部分も多くなりますが、クリニックでプロにケアをしてもらうことも大切になってきます。

見た目のことも考えておく必要がある

脂肪吸引の施術後には、痛みがなくなれば日常生活に復帰することは可能ですが、その際に忘れてはならないのが、腫れやむくみが出るという点ではないでしょうか。いくら痛みがなくても、腫れやむくみがあれば人前には出たくないと感じるのは当然のことといえます。

どの程度の脂肪を吸引するのか、目立つ部位なのかによる違いもありますが、脂肪吸引をした後のダウンタイムは痛みの有無だけが問題というわけではなく、腫れやむくみのことも視野に入れて考えておく方が、スケジュールを立てやすくなるのではないでしょうか。

 

脂肪吸引の施術を受けた後に、日常生活に戻るまでに何日程度かかるのかという点は、脂肪吸引の方法による違いや部位や量による違い、そして個人差も大きく影響することは間違いありません。しかし、それだけではなく医師の腕の良し悪しやアフターケアが重要になってきます。実績があり腕の確かな医師で、本当に信頼することができるところで施術を受けるようにすることが、満足できる結果に繋がるためには必須です。何日後に日常生活に戻ることができるのかに違いが生まれるということも頭に置いておきましょう。