脂肪吸引で評判の東京にあるクリニックを施術費用や口コミを基にランキングでご紹介

脂肪吸引の手術後の過ごし方

    

脂肪吸引の手術後の過ごし方

 

脂肪吸引は人体だけでなくメンタル面にも負担をかけてしまうダイエット方法です。

そのため、脂肪吸引後は安静にしておくことが大事ですが、具体的には手術後はどのように過ごせば良いのでしょうか。

こうしたことはカウンセリング時にも教えてもらえますが、ここで手術時の注意点などと合わせてまとめておきましょう。

 

脂肪吸引後は何に注意すれば良い?

脂肪吸引手術後は基本的に安静にするのが基本です。
脂肪吸引手術自体は一日で終ることもありますが、脂肪吸引後は体も大きく変化していることを理解する事が大事です。
例えば、30kgも脂肪を吸引した場合を考えてみてください。
一日でこれだけの体重を失うのはかなり体に負担をかけてしまうことです。
脂肪吸引量が多い場合にはそのまま入院をしないといけないこともあるほどです。
脂肪吸引後はバランス感覚もおかしくなっていて歩くのも大変ということもあるでしょう。
脂肪吸引後に事故や怪我をしないようにするためにもしっかりと体を休めておくのが大事です。

◆また、脂肪吸引後は医師から食事や入浴などについての指示もあります。
基本的には入浴は制限されるということが多いです。
これは脂肪吸引によって生じた手術跡のためですが、いろいろと脂肪吸引手術後は制限が生じるので気をつけておきましょう。

◆これ以外に脂肪吸引後は食事制限をするということも必要になってきます。
脂肪吸引をせっかくしたのに脂肪吸引前と同じような食事をしていると体重も元にすぐに戻ってしまうということもあります。
こうしたことを防ぐためにも脂肪吸引したその日から生活改善を進めていきましょう。

脂肪吸引した後は水分摂取をしっかりすることも大事です。
脂肪吸引をすると一気に体内の水分も失いますから、脂肪吸引後はこまめに水分摂取を行なって体調管理をしておきましょう。

脂肪吸引した後に手術跡がきになることもあるかもしれませんが、手術跡は日が立つにつれて確実に小さくなって目立たなくなります。
しかし、手術跡が気になっていじったり、ガーゼを取って後を見てみようという人がいます。
こうしたことをすると治りも遅くなって手術跡がより目立つ事にもなりますから気をつけましょう。
また、手術跡周辺にかゆみを感じるという人もいます。
この場合には感染などを引き起こしている可能性もありますから、脂肪吸引クリニックの担当医にまずは相談しておきましょう。

かゆみに限らず脂肪吸引後に「めまいがかなりする」「歩こうとするとフラフラしてしまう」「食欲が全く無い」というような場合にも担当医に相談してみてください。
脂肪吸引は体に与えるダメージが多いですから、少しの体調不良だからといって油断してはいけないのです。

◆他に、メンタル面もチェックしておく事が大事です。
これは人によって様々ですが、脂肪吸引をして晴れやかな気持ちになる人もいれば、脂肪吸引後に憂鬱感を感じてしまうという人がいます。
このようなメンタル面での変化も察知して対処しておくのが大事です。
中には脂肪吸引をしてもあまり変化がなかったことからうつ病などの精神病を引き起こしてしまう人もいるのです。
これはまれなケースではありますが、脂肪吸引後は用心しておくにこしたことはありません。
この記事で紹介したような内容は脂肪吸引量が多くなればなるほど気をつけておかないといけません。

◆ちなみに脂肪吸引をしたあとに残った脂肪はもらえることがあります。
そのまま処分してもらっても良いですが、吸引した脂肪を家に持ち帰って見るのも良いでしょう。
もしもまた太ってきたら脂肪吸引してもらった脂肪を見て「もう二度と脂肪吸引しなくても良いようにする」と気持ちを新たにする事もできます。

 

脂肪吸引手術の流れについても知ろう

脂肪吸引手術についても詳しく紹介しておきましょう。
脂肪吸引手術前にはまずはカウンセリングをして吸引する量や吸引回数などを話し合っていくこととなります。
手術は脂肪吸引注射針などを用いて行いますが、この際にどのような麻酔をかけるかどうかはクリニックによっても変わってきます。
脂肪吸引時の痛みを気にする人も多いですが、麻酔がかかっているので痛みはほとんどありません。
もしも痛みが気になるという場合には強めの麻酔をしてもらうと良いでしょう。

とはいえ、脂肪吸引時ならではの違和感もあります。
体から肉を吸い取られるわけですから、気持ち悪さを感じる人がいても不思議ではありません。
手術自体は長くても1時間程度で終わりますが、場合によっては何度も脂肪吸引しないといけないこともあります。

これが脂肪吸引手術の流れとなりますが、脂肪吸引手術が怖いために脂肪吸引をためらうという人もいます。
確かに体が悪くなっていないのに肉を切開されたり注射針を入れられるのは嫌なものです。
とはいえ、痛みは基本的にありませんから、そこまで心配することもないでしょう。